牧師の食卓(最近の夕食)

 真鯛、白いか、ヒラメ。素晴らしいです。ピーマンとキノコのソテー。ミョウガと椎茸のおすまし。

 ヒラメは、湯梨浜の養殖だとか。でも美味しかったです。8/18

 

 シャキシャキサラダはライム風味。ゴボウと蓮根の持ち味です。こんにゃくの肉巻きとキノコのソテー。ヘルシーと言うだけでなく美味しい肉巻きです。そして玉ねぎとお豆腐のスープ。ごちそうさまでした。8/17

 

 焼き鯖にゴボウと新ショウガの餡かけ。この餡かけがマジで美味しく、主役を食うほどの旨さです。単品で勝負できるお味でした。餡の代わりがないのが極めて残念。

 一味も二味も違うミネストローネスープ。スパイシーでモロッコ料理のハリラスープスープ風です。これとパンで十分モロッコ!

 冷ややっこがさっぱり感を演出していて名脇役ってな感じです。ごちそうさまでした。8/16

   

 今日はヤンニョムチキン。表面が大学芋のようです。シェフが衣について説明いてくれたので納得。水あめが使われたようです。青のり入りの刺身コンニャク。そして、パクチーとキノコと玉ねぎのスープ。ごちそうさまでした。87/15

ソーメンチャンプルーをリクエスト。美味しくいただきました。ごま豆腐、ナスの揚げ浸しも。大葉天が浮かぶおつゆも。8/9  

 肉詰めピーマン。キッズピーマンをたくさんいただいたようです。ピーマン嫌いの子どもも食べられるように品種改良されたとか。

 茄子の甘酢和え。大葉と茗荷で清涼感up。お豆腐と山茶茸とパクチ―のスープと炊き込みご飯。ごちそうさまでした。8/9

 泊漁港近くの村中水産でサザエをゲット。海水を汲み上げた水槽にはぎっしりと牡蠣と牡蠣が。その場でおじさんが殻を割って生牡蠣を出してくれます。

 そんな訳で、刺身とつぼ焼き。空心菜ソテー。茄子の田楽。揚げと茗荷のお味噌汁。炊き込みご飯。ごちそうさまでした。8/7

 

 カレー風味焼き鯖のトマトソースかけ。イタリアントマトをたくさんいただき、いろんなソースが登場しています。

 こんにゃくと竹輪のきんぴら。豆腐とキノコのスープ。ごちそうさまでした。8/6

    

 何だかエスニックです。マッシュルームのガーリックオリーブオイルソテーは、完璧に洋風です。ワインに合います。美味しくてぽくぽく食べてしましました。

 蒸し鶏のサラダはやや複雑です。塩もみ野菜に混ぜられたほぐしチキンとパクチーを蓋のように広げられたチキンで挟んでいただきました。野菜に混ぜられていた薄切り蓮根が食感にアクセント作っていました。シェフはこれでビールをグイグイ。

 お豆腐の上には、山形のダシ。これは泡盛と合いました。そして玉ねぎとベーコンのスープ。優しい味です。疲れた体に滲み込んでいきます。8/5     

 トリ味噌ジャガ。茄子とパプリカのしょうが醤油和え。揚げとキャベツの炊き合わせ。竹輪とキノコのスープ。ごちそうさまでした。8/4

       

何だか今日はフランス人? んなことないか。パイパリチキンのサイドにはトマトソース。パンにつけて食べても美味しかったです。シメジとパプリカのサラダ。春雨と山茶茸のスープ。   ごちそうさまでした。8/3

 

 夏野菜の揚げ浸し。オクラのトマト煮。和風とイタリアンかな? チキンと玉ねぎのスープ。ごちそうさまでした。8/2